ルナティアーラ2022の募集中止と返金結果(運用開始前募集中止ケース)

私も出資していたルナティアーラ2022が、2023年10月に募集中止・返金処理となりました。

競走馬には事故や怪我がつきものであり、残念ながら今回のように募集が中止となったり、現役馬であれば引退になることもあります。そういったときにどのように対応されるのかを私も症例を調べたり規約を読み直したり調べることになったので、今回のケースを後学のためにも記録しておきたいと思います。

募集中止の原因

公式発表によれば募集中止となった原因は、腸骨から股関節にかけて骨膜が濃く出ており、骨折の可能性が非常に高いことが確認されたためでした。このため、すぐに調教を再開できるような状況ではありませんでした。

また、症状の深刻さに加え、運用開始が約2ヶ月と間近に迫りつつあった状況も考慮すると、牧場・医療スタッフ・DMMバヌーシーおよび関係者の皆様は迅速かつ誠実な判断と対応をしてくれたと私は感じました。

出資金の全額返金

ルナティアーラ2022の募集自体はすでに開始されていたため、私を含めて出資済みの方もいらっしゃったと思います。

この先着出資分については全額返金となり、DMMバヌーシーは即座に全額返金を実施し、素早く対応しました。

今回は一口5,000円という比較的安価なケースではありましたが、明細や計算としては下記のようになりました。

出資時の明細の受け取りは多くの方がご経験かと思いますが、種別は「先着出資」、摘要欄は「出資金」となります。

そして、今回のように募集中止に伴う出資の取り消しとなった場合は、種別は「取消」、摘要欄は「出資取消金」となりました。

結果、ルナティアーラ2022の収支計算は下記の通りとなりました。

収入項目収入金額支出項目支出金額
出資取消金5,000出資金5,000
収支合計0回収率100%

DMMバヌーシーのアナウンスと対応

DMMバヌーシーは、2023年10月24日に公式に募集中止と返金のアナウンスを行い、10月31日には返金を完了してくれました。症状や状況が明確になってからの迅速な中止決定と返金処理は、出資者として心強く感じました。

なお、バスティオンのように募集中に鶏跛を発症し、募集を一時中止して運用開始を延期しつつも、その後の症状や状況を確認しながら募集を再開するケースもあります。

私自身バスティオンにも出資していますが、安易な中止と返金処理をせず、症状や状況を冷静にみて、その時点なりの最善手を模索しようとする陣営・関係者の皆さんに出資者として信頼をおいています。

規約のポイント

DMMバヌーシーの規約では、運用開始前の募集中止に関しては、納入済みの出資金は全額返金されることが記載されています。今回の対応に該当する箇所は下記だと思います。

2023年度募集馬 契約締結前交付書面
ページ7
3.商品ファンド関連受益権の販売に関する事項
(9) 募集の取止め
当該出資馬の馬体状況等により当社は、当該出資馬に係る募集を取りやめる場合があり、その場合には当社ウェブサイトで速やかに公表いたします。募集の取止めは、当該出資馬の運用開始前に行うものとし、競走馬出資金がすでに納入済みである場合には、「11.金融商品取引契約の種類並びにお客様の権利及び責任の範囲⑸」記載の競走能力を喪失したことにより廃用となった場合に準じて、全額返金するものとします。

2023年度募集馬 契約締結前交付書面

ルナティアーラ2022の運用開始予定日は2024年1月1日となっており、全額返金の条件に当てはまりました。

なお、もし運用開始後におきた故障などについては、未出走で引退した場合などについても引退清算金や保険金などでの回収が行われるため、別のものとして規約をご確認いただく必要がありそうです。

おわりに

残念な事故やトラブルがあると、誰かに責任があるのではないかという気持ちになる方もいらっしゃるかもしれません。ルナティアーラ2022のつらそうな姿をみたときに、私自身もつらい気持ちになりました。

ただ、ルナティアーラ2022やバスティオンなどがそうであったように、競走馬には残念ながら事故や怪我がつきものであるからこそ返金や保険や見舞金等の制度があり、投資者保護が行われているのだと思います。クラブもホースマンもそういったシステムも併せて提供することで責任を全うしようと尽力されているものだと思います。
また、良い日だけでなく、トラブルに見舞われた日の対応を見ているときも、クラブの陣営や各ホースマンの方々は競馬と競走馬に対して常に真摯に向き合うプロだと感じますし、ポジティブなものだけでなくネガティブなときも情報を共有してくれるクラブに私は感謝していますし今後も色々教えてほしいと思っています。

私たち一口馬主自身も投資契約や規約の内容も含めて責任を負っていることを覚えておき、今後もホースマンに選んでもらえるクラブになるように貢献できるようなクラブ会員でありたいと思いました。

タイトルとURLをコピーしました