【2024年募集候補馬】バヌーシーで募集されるかもしれない非セール馬の紹介(2023年生まれ)

2024年にバヌーシーで募集されるかもしれない非セール馬を5頭紹介します。

いずれも母の馬主がバヌーシー(DMMドリームクラブ)の馬で、自家生産の範疇として募集がかかる可能性があると思います。

なお、同じく母の馬主がバヌーシーの馬のうちラヴズプレミアム(ラヴズオンリーユー2023)はすでに募集がかかり募集万口となっているので今回の紹介からは省きます。ラヴズプレミアムの整理はこちらの記事をご参考ください。

今回紹介する5頭は、順調に育っていれば今年2024年に募集がかかると思いますので、彼ら彼女らの情報を整理して紹介したいと思います。

アイワナシーユー2023

アイワナシーユー2023は2023年3月18日生まれの鹿毛の牡馬。父キセキの初年度産駒です。

生産牧場はパカパカファームです。育成や外厩の情報はこれからの公式情報を待ちたいと思います。

母、アイワナシーユーの競走成績は中央で5戦0勝 [0-1-0-4]、未勝利でした。新馬戦は鞍上が福永騎手で2着となり善戦しましたね。

本馬は、母が8歳で産んだ2番目の仔と母もまだ若く、兄弟は姉のアイワナアイドルのみです。アイワナアイドル(父:バゴ)の競走成績は中央・地方で17戦0勝 [0-0-0-17]で、2024年2月19日現在も地方で頑張っています。

祖母、ワナダンスの競走成績はアルゼンチンで6戦4勝 [4-0-1-1]で、サトゥルニーノJウンスエ大賞-GⅠ 1着、フォルトゥナトダミアーニ賞-GⅢ1着、デルリAゴメス賞-GⅢ 1着と非常に活躍しています。隔世遺伝で祖母の能力が引き継がれるといいですね。

父、キセキはキングカメハメハ系のルーラシップ産駒で、競走成績は33戦4勝 [4-6-6-17]、菊花賞-GⅠ 1着です。そのほか、宝塚記念-GⅠを2着2回、大阪杯・ジャパンカップを2着、京都大賞典-GⅡ・神戸新聞杯-GⅡを2着と善戦しました。競走成績はGⅠクラスの成果を挙げていたので種牡馬としての成功も期待したいですね。

アイワナシーユー2023の近親には下記のような競走馬がいます。【2024年2月19日時点のでデータをもとに作成】

馬名続柄生産年毛色生産厩舎セリ獲得賞金戦績・他
アイワナシーユー2015鹿毛ステイゴールドワナダンスノーザンファーム戸田博文厩舎(美浦)280万円(中央)5戦0勝 [0-1-0-4]、未勝利
アイワナアイドル2020鹿毛バゴアイワナシーユーパカパカファーム地辺幸一厩舎(地方)70万円(中央)17戦0勝 [0-0-0-17]、未勝利【2024年2月19日時点】
アイワナシーユー2023本馬2023鹿毛キセキアイワナシーユーパカパカファーム0戦0勝 [0-0-0-0]、未出走【2024年2月19日時点】
ワナダンス祖母2010鹿毛The LeopardWannabeアルゼンチン産・La Quebradaアルゼンチン6戦4勝 [4-0-1-1]、サトゥルニーノJウンスエ大賞-GⅠ 1着、フォルトゥナトダミアーニ賞-GⅢ1着、デルリAゴメス賞-GⅢ 1着

アイワナシーユー2023の血統表は下図の通りで、サンデーサイレンスの4 x 3(18.75%)、Mr. Prospectorの5 x 5(6.25%)、ノーザンテーストの5 x 5(6.25%)のクロスがあります。

1代前2代前3代前4代前5代前
キセキルーラーシップキングカメハメハKingmamboMr. Prospector
Miesque
マンファスラストタイクーン
Pilot Bird
エアグルーヴトニービンカンパラ
Severn Bridge
ダイナカールノーザンテースト
シャダイフェザー
ブリッツフィナーレディープインパクトサンデーサイレンスHalo
Wishing Well
ウインドインハーヘアAlzao
Burghclere
ロンドンブリッジドクターデヴィアスAhonoora
Rose of Jericho
オールフォーロンドンDanzig
Full Card
アイワナシーユーステイゴールドサンデーサイレンスHaloHail to Reason
Cosmah
Wishing WellUnderstanding
Mountain Flower
ゴールデンサッシュディクタスSanctus
Doronic
ダイナサッシュノーザンテースト
ロイヤルサッシュ
ワナダンスThe LeopardStorm CatStorm Bird
Terlingua
Moon SafariMr. Prospector
Video
WannabeMutakddimSeeking the Gold
Oscillate
WallySouthern Halo
Welcome

アイワナビリーヴ2023

アイワナビリーヴ2023は2023年3月31日生まれの芦毛の牝馬。ゴールドシップ産駒です。2023年のバヌーシーによる牧場ツアーでの非常に可愛い姿が印象的でしたね。

生産牧場はパカパカファームです。育成や外厩の情報はこれからの公式情報を待ちたいと思います。

母、アイワナビリーヴの競走成績は中央で21戦1勝 [1-2-1-17]。3歳新馬戦勝ち馬という1勝馬ではあったものの他の競走成績も、1勝クラス2着2回、2勝クラス3着と善戦しています。

本馬は、母が7歳で産んだ1番目の仔と母もまだ若いです。初仔ではあるので馬格がしっかりあるかはチェックしたいポイントかも知れません。

祖母はアイワナシーユー2023と同じく、ワナダンス。ワナダンスの競走成績はアルゼンチンで6戦4勝 [4-0-1-1]で、サトゥルニーノJウンスエ大賞-GⅠ 1着、フォルトゥナトダミアーニ賞-GⅢ1着、デルリAゴメス賞-GⅢ 1着と非常に活躍しているので、本馬もアイワナシーユー2023も隔世遺伝で祖母の能力が引き継がれるといいですね。

父、ゴールドシップは、ステイゴールド産駒で、競走成績は28戦13勝 [13-3-2-10]、皐月賞-GⅠ 1着、菊花賞-GⅠ 1着、有馬記念-GⅠ 1着、宝塚記念-GⅠ 1着2回、天皇賞・春-GⅠ 1着と活躍した名馬です。これだけの成績を収めているだけあって本来凄まじい名馬なのに、とんでもない癖馬で、そのキャラクター性を含めて愛されている馬ですね。

アイワナビリーヴ2023の近親には下記のような競走馬がいます。【2024年2月19日時点のでデータをもとに作成】

馬名続柄生産年毛色生産厩舎セリ獲得賞金戦績・他
アイワナビリーヴ2016黒鹿毛ジャスタウェイワナダンスノーザンファーム戸田博文厩舎(美浦)1,877万円(中央)21戦1勝 [1-2-1-17]、3歳新馬戦勝ち馬、1勝クラス2着2回、2勝クラス3着
アイワナビリーヴ2023本馬2023鹿毛ゴールドシップアイワナビリーヴパカパカファーム0戦0勝 [0-0-0-0]、未出走【2024年2月19日時点】
ワナダンス祖母2010鹿毛The LeopardWannabeアルゼンチン産・La Quebradaアルゼンチン6戦4勝 [4-0-1-1]、サトゥルニーノJウンスエ大賞-GⅠ 1着、フォルトゥナトダミアーニ賞-GⅢ1着、デルリAゴメス賞-GⅢ 1着

アイワナビリーヴ2023の血統表は下図の通りで、サンデーサイレンスの3 x 4(18.75%)のクロスがあります。

1代前2代前3代前4代前5代前
ゴールドシップステイゴールドサンデーサイレンスHaloHail to Reason
Cosmah
Wishing WellUnderstanding
Mountain Flower
ゴールデンサッシュディクタスSanctus
Doronic
ダイナサッシュノーザンテースト
ロイヤルサッシュ
ポイントフラッグメジロマックイーンメジロティターンメジロアサマ
シエリル
メジロオーロラリマンド
メジロアイリス
パストラリズムプルラリズムThe Minstrel
Cambretta
トクノエイティートライバルチーフ
アイアンルビー
アイワナビリーヴジャスタウェイハーツクライサンデーサイレンスHalo
Wishing Well
アイリッシュダンストニービン
ビューパーダンス
シビルWild AgainIcecapade
Bushel-n-Peck
シャロンMo Exception
Double Wiggle
ワナダンスThe LeopardStorm CatStorm Bird
Terlingua
Moon SafariMr. Prospector
Video
WannabeMutakddimSeeking the Gold
Oscillate
Wallyサザンヘイロー
Welcome

ヴィンクーロ2023

ヴィンクーロ2023は2023年1月16日生まれの鹿毛の牡馬。レイデオロの産駒です。

生産牧場はノーザンファームですので、育成牧場や外厩先もおそらくノーザンファーム系になると思います。

母、ヴィンクーロの競走成績は中央で7戦2勝 [2-3-2-0]。4歳以上1勝クラス勝ち馬であるほか、全てのレースで3着以内という良い成績を収めましたね。残念ながら調教中の放馬で骨折して引退しましたが、競走成績も優秀だったので繁殖成績も楽しみにしたいです。

本馬は、母が6歳で産んだ1番目の仔と母もまだ若いです。初仔ではあるので馬格がしっかりあるかはチェックしたいポイントかも知れません。

祖母のミッキーパールは未出走馬なので競走成績は0戦0勝 [0-0-0-0]でした。ミッキーパールの産駒ではヴィンクーロが最も活躍しており、他には3歳未勝利戦勝馬のタイセイグランツがいますが他の産駒の競走成績は中央では芳しくありません。【2024年2月19日時点】

ただ、近親にトーセンジョーダン(本馬のおおおじ・天皇賞(秋)-GⅠ 1着、札幌記念-GⅡ 1着、アメリカジョッキーC-GⅡ 1着、アルゼンチン共和国杯-GⅡ 1着等)、トーセンホマレボシ(本馬のおおおじ・京都新聞杯-GⅡ 1着、日本ダービー-GⅠ 3着等)、トーセンスターダム(本馬のいとこちがい・エミレーツS-GⅠ-1着、チャレンジC-GⅢ 1着、きさらぎ賞-GⅢ 1着等)などがいることからミッキーパール産駒もセリなどでの評価は高かったです。

父、レイデオロは最優秀3歳牡馬、最優秀古牡馬、7勝、ダービー-GI、天皇賞(秋)-GI、オールカマー-GII、神戸新聞杯-GII、ホープフルS-GII等。17戦7勝[7-2-1-7]の成績を残しました。本馬はレイデオロの3年目の産駒にあたります。

ヴィンクーロ2023の近親には下記のような競走馬がいます。【2024年1月26日時点のでデータをもとに作成】

馬名続柄生産年毛色生産厩舎セリ獲得賞金戦績・他
ヴィンクーロ2017黒鹿毛キズナミッキーパールノーザンファーム木村哲也厩舎(美浦)2,700万円(2018年 セレクトセール)2,614万円(中央)7戦2勝 [2-3-2-0]、4歳以上1勝クラス勝ち馬
ヴィンクーロ2023本馬2023鹿毛レイデオロヴィンクーロノーザンファーム0戦0勝 [0-0-0-0]、未出走【2024年1月13日時点】
ミッキーパール祖母2007黒鹿毛タニノギムレットエヴリウィスパーノーザンファーム0戦0勝 [0-0-0-0]、不出走
エヴリウィスパー曾祖母1997栗毛ノーザンテーストクラフテイワイフノーザンファーム西園正都厩舎(栗東)15戦0勝 [0-0-1-14]、未勝利
トーセンジョーダンおおおじ2006鹿毛ジャングルポケットエヴリウィスパーノーザンファーム池江泰寿厩舎(栗東)1億7,850万円(2007年 セレクトセール)7億506万円(中央)30戦9勝 [9-4-2-15]、天皇賞(秋)-GⅠ 1着、札幌記念-GⅡ 1着、アメリカジョッキーC-GⅡ 1着、アルゼンチン共和国杯-GⅡ 1着、ジャパンC-GⅠ 2着3着6着、天皇賞(春)-GⅠ 2着、有馬記念-GⅠ 5着2回、大阪杯-GⅡ 3着、中日新聞杯-GⅢ 4着、共同通信杯-GⅢ 2着
トーセンホマレボシおおおじ2009鹿毛ディープインパクトエヴリウィスパーノーザンファーム池江泰寿厩舎(栗東)1億6,275万円(2009年 セレクトセール)1億1,588万円(中央)7戦3勝 [3-2-1-1]、京都新聞杯-GⅡ 1着、日本ダービー-GⅠ 3着
トーセンスターダムいとこちがい2011黒鹿毛ディープインパクトアドマイヤキラメキノーザンファーム池江泰寿厩舎(栗東)2億6,250万円(2012年 セレクトセール)1億2,975万円(中央)20戦6勝 [6-1-1-12]、エミレーツS-GⅠ-1着、チャレンジC-GⅢ 1着、きさらぎ賞-GⅢ 1着、メムジーS-GⅠ 3着、クイーンエリザベスS-GⅠ 3着、ランヴェットS-GⅠ 2着

ヴィンクーロ2023の血統表は下図の通りで、ウインドインハーヘアの4 x 4(12.50%)、Mr. Prospectorの4 x 5(9.38%)、Robertoの5 x 5(6.25%)のクロスがあります。Mr. Prospectorのクロスは父自身の血統内のものなので、父母間のクロスはウインドインハーヘアの4 x 4とRobertoの5 x 5のみになります。

1代前2代前3代前4代前5代前
レイデオロキングカメハメハKingmamboMr. ProspectorRaise a Native
Gold Digger
MiesqueNureyev
Pasadoble
マンファスLast TycoonTry My Best
Mill Princess
Pilot BirdBlakeney
The Dancer
ラドラーダシンボリクリスエスKris S.Roberto
Sharp Queen
Tee KayGold Meridian
Tri Argo
レディブロンドSeeking the GoldMr. Prospector
Con Game
ウインドインハーヘアAlzao
Burghclere
ヴィンクーロキズナディープインパクトサンデーサイレンスHalo
Wishing Well
ウインドインハーヘアAlzao
Burghclere
キャットクイルStorm CatStorm Bird
Terlingua
Pacific PrincessDamascus
Fiji
ミッキーパールタニノギムレットブライアンズタイムRoberto
Kelley’s Day
タニノクリスタルクリスタルパレス
タニノシーバード
エヴリウィスパーノーザンテーストNorthern Dancer
Lady Victoria
クラフテイワイフCrafty Prospector
Wife Mistress

ファイナルドリーム2023

ファイナルドリーム2023は2023年4月2日生まれの鹿毛の牡馬。父はキタノコマンドールです。

生産牧場は辻牧場です。育成や外厩の情報はこれからの公式情報を待ちたいと思います。

母のファイナルドリームは競走馬として残念ながら勝ち上がることはできませんでしたが、良血であったこともあり繁殖入りしました。

ファイナルドリームの戦績は4戦0勝(中京芝2000を1戦14着、阪神ダート1200を2戦12着14着、小倉芝1200を1戦17着)でした。

本馬は、母が7歳で出産した3頭目の産駒になります。兄弟には兄にトラウムライゼ(怪我により未出走で引退)、姉にオブシディアーナがいますが、それぞれまだ未出走なので、これからの兄弟の活躍も見守りたいですね。

祖母のスティールプリンセスはアメリカとフランスで5戦3勝した活躍馬でした。スティールプリンセスはフランスGIII-クレオパトル賞を含む3勝をフランスであげています。

また、祖母スティールプリンセスの産駒にはファイナルドリームの他に、以下のような活躍馬がいます。

  • サラリンクス(GI-カナディアンインターナショナルS、GII-ポモーヌ賞の勝馬)
  • シュガーボーイ(GIII-サンダウンクラシックトライアルSの勝馬)
  • スティールプリンス 34戦10勝[10-5-4-15](GIII-GRCジャロングC、リステッド-VRC ANDREW RAMSDEN Sの勝馬)

祖母のスティールプリンセスは繁殖牝馬としても優秀だったといえるでしょう。隔世遺伝等で祖母の良さも発揮されるといいですね。

ほかにも本馬の近親には下記のような馬がいます。

  • 高祖母・フルールロワイヤル(GII-愛プリティポリーS勝馬)
  • 曾祖叔父・Casey Tibbs(リステッド-FORT MCHENRY H、リステッド-BALLYSAX S 勝馬)
  • 再従伯叔祖父・Herman Munster(リステッド-TAUMARUNUI CUP勝馬)
  • 再従伯叔祖母・ダイアナバローズ(リステッド-紫苑S勝馬)
  • 従伯叔祖母・Oiseau Rare(GII-ロワイヤリュー賞、GIII-ミネルヴ賞勝馬)
  • 従伯叔祖父・Nerves of Steel(リステッド-GODOLPHIN BARB S勝馬)
  • 曾祖叔母・String Quartetリステッド-P.DE THIBERVILLE勝馬)
  • 従伯叔祖母・Meeznah(GII-パークヒルS、GIII-リリーラングトリーS勝馬)

母父のフランケル Frankelは無敗の英国14戦14勝馬[14-0-0-0]で、2011年および12年の欧州年度代表馬です。脅威のGI 10勝馬であり、英2000ギニー、クイーンエリザベス二世、英チャンピオンS、ヨークインターナショナルS、セントジェイムズパレスS、サセックスS、デューハーストS、ロッキンジS、クイーンアンSなどを勝っています。

父のキタノコマンドールの競走成績は4戦2勝 [2-0-0-2]。新馬戦、すみれステークス(オープン戦)を連勝し、皐月賞・日本ダービーとクラシック競走に進んだ活躍馬でした。

父のキタノコマンドールもDMMバヌーシーが募集・運用していたので、クラブ馬が種牡馬として活躍するか、クラブの夢がつまったカップリングですね。

本馬はキタノコマンドールの2年目の産駒にあたります。

ファイナルドリーム2023の近親には下記のような競走馬がいます。【2024年1月26日時点のでデータをもとに作成】

馬名続柄生産年毛色生産厩舎セリ獲得賞金戦績・他
ファイナルドリーム2016鹿毛FrankelSteel Princessイギリス産・Grangecon Stud奥村豊厩舎(栗東)4戦0勝 [0-0-0-4]、未勝利
トラウムライゼ2021青鹿毛モーリスファイナルドリーム辻牧場池江泰寿厩舎(栗東)0戦0勝 [0-0-0-0]、不出走
オブシディアーナ2022黒鹿毛ナダルファイナルドリーム辻牧場国枝栄厩舎(美浦)0戦0勝 [0-0-0-0]、未出走【2024年1月13日時点】
ファイナルドリーム2023本馬2023鹿毛キタノコマンドールファイナルドリーム辻牧場0戦0勝 [0-0-0-0]、未出走【2024年1月13日時点】
Steel Princess祖母2001DanehillSteel Princessアイルランド産米仏5戦3勝[3-0-0-2]・仏GIII-クレオパトル賞 1着
Sarah Lynxおば2007MontjeuSteel Princessアイルランド産16戦3勝[3-0-2-11]・GI-カナディアンインターナショナルS 1着、GII-ポモーヌ賞 1着、GII-ロワイヤリュー賞 3着、L-P.DES TOURELLES 3着
Sugar Boyおじ2010AuthorizedSteel Princessアイルランド産14戦4勝[4-2-2-6]・GIII-サンダウンクラシックトライアルS 1着、L-EYREFIELD S 1着、GIII-バリーサックスS 2着
Argusおじ2012センRip Van WinkleSteel Princessアイルランド産27戦6勝[6-0-2-19]
Steel Princeおじ2014センNathanielSteel Princessアイルランド産34戦10勝[10-5-4-15]・GIII-GRCジャロングC 1着、L-VRC ANDREW RAMSDEN S 1着、GIII-VRCザバートカミングズS 3着、MRCナチュラリズムS 3着
Influxおじ2017センGolden HornSteel Princessアイルランド産12戦2勝[2-6-1-3]・GII-グレフュール賞 2着
Champaka曾祖母1997CaerleonFleur Royaleアイルランド産0戦0勝 [0-0-0-0]、不出走
Pevenseyおおおじ2002センDanehillChampakaアイルランド産42戦7勝[7-3-3-29]・祖母スティールプリンセスの全弟
Vision of Grandeurおおおじ2004Grand LodgeChampakaアイルランド産22戦3勝[3-4-2-13]・GII-ミッドマープレミアトロフィ 2着、L-BALLYCULLEN S 3着
Falcon Rockおおおじ2005センHawk WingChampakaアイルランド産44戦3勝[3-9-8-24]・GI-ハリウッドターフカップ 3着、GII-ジムマーリーH 2着2回、GIII-サンセットH 2着
Port Elizabethおおおば2008Danehill DancerChampakaアイルランド産15戦1勝[1-1-2-11]
Al Murqabおおおじ2010センDanehill DancerChampakaアイルランド産48戦8勝[8-10-7-23]
Tonton Macouteおおおじ2011センYeatsChampakaアイルランド産38戦6勝[6-3-1-28]
Cidadaおおおば2012GalileoChampakaアイルランド産8戦2勝[2-2-0-4]
Cavalleriaおおおば2013GalileoChampakaアイルランド産8戦1勝[1-0-1-6]
Consciousおおおば2015MaxiosChampakaドイツ産9戦1勝[1-5-1-2]・L-P.TERME DI MERANO 2着、L-KOLN STUTEN STEHER CUP 2着

ファイナルドリーム2023の血統表は下図の通りで、デインヒルの4 x 3(18.75%)、Northern Dancerの5 x 5 x 5(9.38%)のクロスがあります。デインヒルのクロスは母自身の血統内のものなので、父母間のクロスはNorthern Dancerの5 x 5 x 5のみになります。

1代前2代前3代前4代前5代前
キタノコマンドールディープインパクトサンデーサイレンスHaloHail to Reason
Cosmah
Wishing WellUnderstanding
Mountain Flower
ウインドインハーヘアAlzaoLyphard
Lady Rebecca
BurghclereBusted
Highclere
ベネンシアドールキングカメハメハKingmamboMr. Prospector
Miesque
ManfathLast Tycoon
Pilot Bird
フェアリードールNureyevNorthern Dancer
Special
Dream DealSharpen Up
Likely Exchange
ファイナルドリームFrankelGalileoSadler’s WellsNorthern Dancer
Fairy Bridge
Urban SeaMiswaki
Allegretta
KindDanehillDanzig
Razyana
Rainbow LakeRainbow Quest
Rockfest
Steel PrincessDanehillDanzigNorthern Dancer
Pas de Nom
RazyanaHis Majesty
Spring Adieu
ChampakaCaerleonNijinsky
Foreseer
Fleur RoyaleMill Reef
Sweet Mimosa

ルナティアーラ2023

ルナティアーラ2023は2023年5月3日生まれの鹿毛の牝馬。父はタワーオブロンドンです。

生産牧場はオリオンファームです。育成や外厩の情報はこれからの公式情報を待ちたいと思います。

母の、ルナティアーラは2戦0勝 [0-0-0-2]の競走成績で引退しました(福島芝1200を15着、新潟芝1600を17着)。

本馬は、母が7歳で出産した3頭目の産駒になります。本馬の姉にツキヨノウサギがいます。

祖母のマネーペニーはアメリカで20戦4勝 [4-6-1-9]という競走成績を残しています。

曾祖母のMy White Corvetteはアメリカで11戦3勝 [3-1-1-6]、ゴールデンロッドS-GⅡ 3着、ハニービーS-GⅢ 2着という好成績を残しています。

祖母や曾祖母の活気ある血が本馬につながると良いですね。

父のタワーオブロンドンの競走成績は18戦7勝 [7-3-3-5]。スプリンターズS-GⅠ 1着、セントウルS-GⅡ 1着、スプリングC-GⅡ 1着、京王杯2歳S-GⅡ 1着、オーシャンS-GⅢ 1着、スプリントS-GⅢ 1着、アーリントンC-GⅢ 1着、等の好成績をおさめました。

本馬はタワーオブロンドンの2年目の産駒にあたります。

ルナティアーラ2023の近親には下記のような競走馬がいます。【2024年1月26日時点のでデータをもとに作成】

馬名続柄生産年毛色生産厩舎セリ獲得賞金戦績・他
ルナティアーラ2016鹿毛ディープインパクトマネーペニーオリオンファーム戸田博文厩舎(美浦)2戦0勝 [0-0-0-2]、未勝利
ツキヨノウサギ2021鹿毛サトノクラウンルナティアーラオリオンファーム奥村豊厩舎(栗東)1戦0勝 [0-0-0-1]、未勝利【2024年1月13日時点】
ルナティアーラ20222022鹿毛サトノクラウンルナティアーラオリオンファーム辻哲英厩舎(美浦)0戦0勝 [0-0-0-0]、不出走
ルナティアーラ2023本馬2023鹿毛タワーオブロンドンルナティアーラオリオンファーム0戦0勝 [0-0-0-0]、未出走【2024年1月13日時点】
マネーペニー祖母2003栗毛MonarchosMy White Corvetteアメリカ産・Fletcher Gray, Carolyn Gray & John Youngbloodアメリカ20戦4勝 [4-6-1-9]
カウニスクッカおば2011鹿毛マンハッタンカフェマネーペニーオリオンファーム尾形和幸厩舎(美浦)24戦4勝 [4-0-0-20]
ダイトウキョウおじ2012鹿毛マンハッタンカフェマネーペニーオリオンファーム戸田博文厩舎(美浦)43戦4勝 [4-5-2-32]
My White Corvette曾祖母1998芦毛Tarr RoadWind Chimeアメリカ産アメリカ11戦3勝 [3-1-1-6]、ゴールデンロッドS-GⅡ 3着、ハニービーS-GⅢ 2着

ルナティアーラ2023の血統表は下図の通りで、クロスはなく、最近のバヌーシーの中では珍しいアウトブリードです。アウトブリードらしく健康的で体の強い仔に育つと良いですね。

1代前2代前3代前4代前5代前
タワーオブロンドンRaven’s PassElusive QualityGone WestMr. Prospector
Secrettame
Touch of GreatnessHero’s Honor
Ivory Wand
AscutneyLord at WarGeneral
Luna de Miel
Right WordVerbatim
Oratorio
スノーパインDalakhaniDarshaanShirley Heights
Delsy
DaltawaMiswaki
Damana
シンコウエルメスSadler’s WellsNorthern Dancer
Fairy Bridge
Doff the DerbyMaster Derby
Margarethen
ルナティアーラディープインパクトサンデーサイレンスHaloHail to Reason
Cosmah
Wishing WellUnderstanding
Mountain Flower
ウインドインハーヘアAlzaoLyphard
Lady Rebecca
BurghclereBusted
Highclere
マネーペニーMonarchosMaria’s MonWavering Monarch
Carlotta Maria
Regal BandDixieland Band
Regal Roberta
My White CorvetteTarr RoadGrey Dawn
Pure Reason
Wind ChimeMarfa
Belles Native
タイトルとURLをコピーしました