ミストラルフェザー(オーサムフェザー2022)の情報整理(2023年募集馬)

<更新履歴>
23年12月14日:体重情報をアップデートしました。
23年05月20日:新規執筆しました。

以前「2022年のセレクトセールで落札された当歳馬(0歳馬)5頭」を紹介しましたが、なかでもミストラルフェザーは非常に良血ということもあり注目しているため、深掘りをしたいと思います。

関連記事:セレクトセール2022の当歳馬の紹介(2023年募集候補馬)

ミストラルフェザー(オーサムフェザー2022)について

ミストラルフェザー(オーサムフェザー2022)は2022年2月19日生まれ。鹿毛の牝馬。
生産および育成牧場はノーザンファームです。

入厩先の厩舎は栗東(関西)の茶木厩舎を予定しており、外厩はノーザンファームしがらきが予定されています。

バヌーシーでの募集時出資金は、3,900万円となっており、一口19,500円で2,000口が募集されています。

ミストラルフェザーの体重は下記の赤線の様に推移しています。公開された測定値は2024年1月5日時点で472kgとなっています。

公開された体重の測定値を平均的なサラブレッドの体重の成長曲線(※JRA育成牧場管理指針を参照し2022年生まれの仮想データを作成)と比較してプロットしたものが下図になります。

募集時より体重が減っていますが、むしろ募集時の体重が大きかったのでしょう。現在でも十分なサイズがあり、仕上がりの早さを感じます。また、今後どういった曲線で成長していくのはよく見ていきたいと思う推移です。

2023年12月8日時点で体高は157cm、胸囲は187cm、管囲は20.4cm。募集開始時(7月20日)と比較し、体高は+3cm、胸囲は+5cm、管囲は±0cmとなっており成長しています。つまり7月の募集時がやや太かったのかと思います。

ミストラルフェザー(オーサムフェザー2022)の母系や近親について

母、オーサムフェザーAwesome Feather)は米国産でBCジュベナイルフィリーズ-米GI 1着(ダート・8.5F/約1700m・2歳牝馬戦)、ガゼルS-米GI 1着(ダート・9F/約1800m・3歳牝馬戦)、NASTY STORM S-L 1着と、GI 2勝、リステッド1を含む11戦10勝[10-0-0-1]でした。2010年のアメリカ2歳牝馬チャンピオン(エクリプス賞・米国年度代表表彰)受賞馬であり、非常に優秀な競走成績を収めています。

本馬は母が14歳で出産した9番目の産駒となります。

母オーサムフェザーの産駒は2023年12月14日時点で、7頭中5等が勝ち上がっています。

中央勝ち上がりが4頭。
・フェザーモチーフ(20 牡 父ハーツクライ)[1-1-0-1]3歳未勝利勝ち
・ジェムフェザー(18 牝 父ディープインパクト)[2-1-2-5]1勝クラス勝ち
・ラブアンバサダー(17 牝 父ディープインパクト)[2-3-1-13]1勝クラス勝ち繁殖入り
スーパーフェザー(15 セン 父ディープインパクト)[4-4-5-20]3勝クラス勝ち、青葉賞3着(GII)小倉記念3着(GIII)

地方勝ち上がりが1頭。
・オーサムウインド(16 牝 父ディープインパクト)[1-2-1-3]C4-6勝ち

未勝利が3頭。
・アルマーザアミール(21 牡 父サトノダイヤモンド)
・ハワイアンフェザー(19 牝 父キングカメハメハ)骨折により引退
・ギエム(14 牝 父Medaglia d’Oro)未出走繁殖入り

2023年12月14日時点のデータを一覧化すると下記のようになります。

続柄馬名生まれ年性別父名獲得賞金戦績コメント
本馬オーサムフェザーの20222022モーリス
アルマーザアミール2021サトノダイヤモンド0万円2戦0勝 [0-0-0-2]
フェザーモチーフ2020ハーツクライ760万円 (中央)3戦1勝 [1-1-0-1]23’3歳未勝利(中山・ダート1800)1着、2023年に骨折
ハワイアンフェザー2019キングカメハメハ0万円1戦0勝 [0-0-0-1]骨折により引退
ジェムフェザー2018ディープインパクト1,987万円 (中央)12戦2勝 [2-1-2-7]22’4歳以上1勝クラス(阪神・ダート1200)1着、ダート1200-1700で活躍。2023年引退
ラブアンバサダー2017ディープインパクト3,379万円 (中央)19戦2勝 [2-3-1-13]22’4歳以上1勝クラス(中京・芝1600)1着、芝1500-1600で活躍。2022年引退
オーサムウインド2016ディープインパクト38万円 (地方)7戦1勝 [1-2-1-3]地方・門別3歳以上C4-6勝ち馬
スーパーフェザー2015ディープインパクト1億1,114万円 (中央) /182万円 (地方)39戦4勝 [4-5-5-25]21’逆瀬川S(3勝クラス)勝ち馬。芝1800-2400で活躍。
ギエム2014Medaglia d’Oro0万円0戦0勝 [0-0-0-0]怪我により引退

残念ながら未勝利引退した2頭は骨折や怪我により繁殖入りしていますが、それを除けばオーサムフェザーの産駒は基本的には勝ち上がっていると言えそうです。

また、未出走のまま繁殖入りしたギエムの産駒のショウナンバシット(20 牡 父シルバーステート・本場の甥)は若草S-Lを1着、エヴィダンシアも勝ち上がり1勝クラスも勝ち、テリオスルルは新馬戦を勝ち阪神ジュベナイルFに出走しています。

ミストラルフェザーも良血の牝馬ということで、競走成績だけでなく、繁殖牝馬としても将来的に期待できるのではないでしょうか。

祖母のプレシャスフェザーは北米5勝、リステッド3勝、GIII 2着が2回、リステッド 2着1回を含む23戦5勝[5-7-0-11]でした。充分な成績だと思います。

曾祖母のラストフェザーは英国2勝、GIII・リステッドの勝利があるほか、英国オークス(GI)3着の成績を収めています。

また、本馬の近親にシルクフェイマス(GII馬)、バヒスタ(GI馬)、ベラルーサ(GII馬)等がいます。

父、モーリスはGI・天皇賞(秋)を含む18戦11勝[11-2-1-4]。2015年JRA賞年度代表馬・最優秀短距離馬。代表産駒にジャックドール、ジェラルディーナ、ピクシーナイト等です。

ミストラルフェザー自身は、セレクトセールでは3,900万円(税・保険料込み:4,290万円)で落札されています。
セリの様子はこちら。

Youtube:セレクトセール2022 生中継 2日目 当歳馬 by JBIS-Search×ふるさと案内所チャンネル より

母オーサムフェザーのBCジュベナイルフィリーズターフ勝ちレースがこちらです。

Youtube:2010 Grey Goose Breeders’ Cup Juvenile Fillies by Breeders’ Cup World Championships より

4番の黄色のゼッケンがオーサムフェザーです。最後の直線で先を行く馬に何度もぶつかりに行くような併せ馬を見せて最後は完全に抑えきっており、強さを感じます。

父モーリスの天皇賞秋の勝ちレースがこちら。

Youtube:2016年 天皇賞(秋)(GⅠ) | モーリス | JRA公式 by JRA公式チャンネル より

近親には下記のような競走馬がいます。

オーサムフェザー:[10-0-0-1]米GI 2勝・アメリカ2歳牝馬チャンピオンBCジュヴェナイルフィリーズ-GI 1着ガゼルS-GI 1着NASTY STORM S-L 1着
ギエム:(14父・Medaglia d’Oro):不出走
甥(おい)エヴィダンシア:15戦2勝[2-0-2-11](19父・ドゥラメンテ):23’足立山特別(1勝クラス)1着
甥(おい)ショウナンバシット:10戦3勝[3-1-1-5](20父・シルバーステート)若葉S-L 1着
姪(めい)テリオスルル:(21父・テリオスルル)4戦1勝[1-0-1-2]23’2歳新馬 1着
スーパーフェザー:39戦4勝[4-4-5-25](15父・ディープインパクト):4勝、逆瀬川S(3勝クラス)1着、魚野川特別 1着、アザレア賞 1着、青葉賞-GII 3着、小倉記念-GIII3着
オーサムウインド:7戦1勝[1-2-1-3](16父・ディープインパクト)3歳以上C4-6
ラブアンバサダー:19戦2勝[2-3-1-13](17父・ディープインパクト)4歳以上1勝クラス 1着
ジェムフェザー:12戦2勝[2-1-2-7](18父・ディープインパクト)4歳以上500万下 1着
ハワイアンフェザー:1戦0勝[0-0-0-1](19父・キングカメハメハ)
フェザーモチーフ:3戦1勝[1-1-0-1](20父・ハーツクライ)3歳未勝利1着
アルマーザアミール:2戦0勝[0-0-0-2](21父・サトノダイヤモンド)
祖母プレシャスフェザー:[5-7-0-11] 北米5勝、Born Famous H-L 1着Noble Royalty H-L 1着Judy’s Red Shoes S-L 1着、Plum Country S 1着、アザリアBCS-GIII 2着、ターフウェイBCS-GIII 2着、Shocker T. H-L 2着、オナラブル ミスH-GIII 4着
叔父(おじ)ブルックスンダウン:[2-3-7-17]北米2勝、Oak Hall S 3着、種牡馬
叔母(おば)ダイアリー:[1-2-2-7]北米1勝
従兄弟(いとこ)オールドタイムリヴァイヴァル:[4-3-5-18]北米4勝、Challedon S 1着、ゴータムS-GIII 2着、Miracle Wood S 2着、Concern S 2着
曽祖母ラストフェザー:[2-1-1-3]英2勝、ムシドラS-GIII 1着、Newbury S 1着、英オークス-GI 3着
大叔父ラズナマ:[4-0-1-4]英4勝、City of York S-L 1着、OH SO SHARP S-L 1着、メイヒルS-GIII 3着
大叔母マラブー:[0-0-1-1]
従兄弟叔母セイントセーラ:[0-2-0-10]
再従姉妹シルクフェーマス:[9-4-6-24]京都記念-GII 1着、AJCC-GII 1着、日経新春杯-GII 1着
大叔母ベイビー ブライド:未出走
従兄弟叔母Balcarce:未出走
再従姉妹バヒスタ:[6-3-3-17]ブエノスアイレス州大賞典-GI 1着
2023/4/30現在

血統表は下図の通りで、Lyphard 5 x 4(9.38%)とNorthern Dancer 5 x 5(6.25%)のインブリードがあります。

1代前2代前3代前4代前5代前
モーリススクリーンヒーローグラスワンダーSilver HawkRoberto
Gris Vitesse
AmerifloraDanzig
Graceful Touch
ランニングヒロインサンデーサイレンスHalo
Wishing Well
ダイナアクトレスノーザンテースト
モデルスポート
メジロフランシスカーネギーSadler’s WellsNorthern Dancer
Fairy Bridge
DetroitRiverman
Derna
メジロモントレーモガミLyphard
ノーラック
メジロクインシーフィディオン
メジロボサツ
オーサムフェザーAwesome of CourseAwesome AgainDeputy MinisterVice Regent
Mint Copy
Primal ForceBlushing Groom
Prime Prospect
Mais OuiLyphardNorthern Dancer
Goofed
AffirmativelyAffirmed
Straight Deal
Precious FeatherGone WestMr. ProspectorRaise a Native
Gold Digger
SecrettameSecretariat
Tamerett
Last FeatherVaguely Nobleヴィエナ
Noble Lassie
QuillPrincequillo
Quick Touch
オーサムフェザー2022の血統表

タイトルとURLをコピーしました